下手の横好き

基本的には、下手くそな写真を上げていく自己満ブログです。

ソール・ライター展

以前に開催されたときも行ったソール・ライター展がBunkamuraミュージアムで開催中。インスタのフォトコンテストもやっているので、それっぽい写真を撮ってみようと思ったけどなかなか難しい。

www.bunkamura.co.jp

 

コンテストはこちら。腕に自信のある人は挑戦してみてはいかが。

www.bunkamura.co.jp

CONTAX RXとKodak ColorPlus 200

CONTAX RXのフィルム2本目、今回はKodakのColorPlus 200を使用しました。レンズはすべてCarl Zeiss 50mm f1.4のAEJです。

前回の続きなので、まずは等々力渓谷で撮ったものから。


庭園にて、岩の上やその下に散ったもみじに惹かれて。左の草の前ボケが邪魔だな。

 

FUJIFILM X100Tでも撮った写真

 

明王院(等々力不動尊)のそばにいた猫。

 


もう年が明けたのに紅葉写真。
右にいるカップルだけが写ってればいいんだけど、そうもいかない。

 


等々力不動尊を出て国道466号を歩いていたら目に留まった光景。
これヨコとタテどっちがいいのかわからない。
ちなみにこの赤い車の写真、今回現像をお願いしたALBUSのスタッフさんから
「好きでした」と言ってもらえました。

 

こんなふうに手書きのコメントをくれるとは知らなかったので、ちょっと感動しました。僕は単純なんで「じゃあ次もALBUSで現像してもらおう」と思いました。それにしてもタテとヨコどっちが良かったんだろう…。

 


同じく466号線近く。

 

なんか散漫だけど嫌いじゃない一枚。

 

ところ変わって、自由が丘の踏切。この日はかの有名なポパイカメラに寄り、フィルムやカメラを衝動買いしそうになりました。

 


場所がいきなり変わって鎌倉・長谷寺かきがら稲荷に。これは鳥居の赤が気になりました。いい赤。フィルムに求める赤という感じ。

 

藤沢・片瀬西浜海水浴場付近。天気は悪くなかったけど富士山は見えず。

 


江ノ島・稚児ヶ淵で。
この鳥何枚も撮ったたけど、これ以外は全部フェードがかかったような写真になってしまった。

 

釣り人が切ったのか、こういう魚の頭がいくつか捨ててあった。

 


江ノ電江ノ島駅で。なんだかふんわりした写真になった。

 

またところ変わって、自宅近くの路地にて。自分が住んでいる街は猫が多い。こういう細い路地で猫と出会うと、村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』の世界に自分が入り込んだような気分になる。

 

この付近の猫は基本的に警戒心が強いけど、こいつは自分から寄ってきて体をこすりつけてきた。距離が近すぎるうえに動くので、写真は撮れなかった。猫が去るとすぐにアレルギーで目がかゆくなった。

 

駅から、遠くに小さく見える富士山。

見ればわかるとは思いますが、ColorPlus 200は全体的に黄色みを帯びるのが特徴でしょうか。というかKodak全般がそんな感じ? このフィルムの購入を考えている人の助けになれば幸いです。というのは少し嘘で、単に自分が撮った写真を見せたかっただけです。

今回現像をお願いしたALBUS。

albus.in

ネット上で現像店を探していたとき、山本写真機店とともに好みな仕上がりだったので、今回はALBUSにお願いしました。クレジットカードが使えるので便利です。

なおデータ化の場合、山本写真機店はファイル共有サービスのURLを送る形式で、ALBUSはCD-Rを郵送するパターン。

山本写真機店で現像してもらったときの記事は↓

q050351.hatenablog.comq050351.hatenablog.com

 

フィルムは↓ FUJIFILMのC200はかなり値段が上がってますが、こちらはけっこう安いのでとりあえず10本セットで買っておいてもいいのではと思います。

以下、ColorPlus 200購入にあたって参考にしたブログです。こういった作例はとても助かります。

gidatch.net

mrtr.jp

gin-yuta.hatenablog.com

www.anyplacebut.tokyo

なお次はCONTAX T2で撮ったColorPlusの写真をアップすることになりそうです。

CONTAX RXとフジ業務用100フィルム

 

q050351.hatenablog.com

今回は↑の続きです。

最初、自分はCONTAXAriaを買おうとしてたんです。みんな大好きAria。でも例のCONTAX専門店に行くと、べらぼうに高いんですねAriaAriaつったらいろんな人が使ってるみたいですけど、最近だとやはり岩倉しおりさんという方が使用していることでかなり有名になったと思います。

photoli.jp

さよならは青色

さよならは青色

 

フィルムを久々に始めるにあたっていろいろと写真集を漁ってるんですけど、↑の『さよならは青色』も買っちゃいましたもん。41歳のおっさんが。さよならは青色。

あと安達祐実の夫の桑島智輝氏(自分と同い年だった)もAriaを使用されてるみたいですね。

我我

我我

 

↑安達さんにはまったく興味がないんですけど、すごくいい写真集だと思います。こういうのって藤代冥砂田辺あゆみの『もう、家に帰ろう』を思い出しますね。

もう、家に帰ろう

もう、家に帰ろう

 

さて、そんなわけでミーハーな自分はAriaを探していたわけですが、なんせ高い。上記の岩倉さんたちの影響なのか、中古でも値段がめちゃ高騰してるわけです。そんでうんうん唸ってたら、お店の方が薦めてくれたのがRX。これだとなんと1万円台。なのでT2と一緒に買うことにしたのですが、機能的にはRXはAriaより上位にあります。ただ、女子が持つには重いのであまり人気が出ず、みんなAriaに行っちゃうので値段が安くなってるという。

みんなカメラの重さ気にしますけど、僕はよっぽどじゃない限りそこまで重視しないです。というのも、昔ペンタックスの“バケペン”こと67を借りて持ち歩いたところ、首が取れるかと思ったから。あれと比べたら、多少の重さはどうってことない。

というわけでRXとT2を買ったんですけど、家で撮ってたら何やら様子がおかしい。どう考えても暗いはずの室内で絞り優先で撮ってるのに、シャッタースピードが1/4000とかになってる。

暗い!

どう考えてもおかしいと思い、お店に持っていったら露出がおかしくなってました。というわけで別のRXと交換。

うん、ピントが微妙だけどまあ適正に近い露出。というわけで下から、六義園でRXで撮った写真を載せていきます。


ちょっとプラス補正しすぎたのか、空のあたりが飛んでるけど。


紅葉見物客が多かったので人が多く、こういう2人だけ渡ってるようなのが
一番撮りたかったけど、なかなかチャンスがなかった。
慣れないカメラ使ってるからあたふたするし。

人とリフレクションのバランスはいいかもしれないけど、盛大にフレア?ゴースト?が入ってるっぽい。あ、書き忘れてたけどレンズはもちろんPlanar T* 50mm F1.4で、MMJです。MMJとはなんぞや、という人はググってください。

上の写真、今改めて見るといろいろ思うところはありますけど、これをデータで最初に見たとき、けっこう感動しちゃいました。やっぱりフィルムはいい、と。レンズの力もあるだろうけど、業務用100をちょっとナメてました。すごくいい色。

マイ常用フィルムはKodakのColorPlus 200にしようかと思ってたんですが、やっぱ業務用のほうがいいかも。まあ最近RXでColorPlusを1本撮り終えたので、それを現像してから考えます。

T2でも撮ったやつ。これもやっぱり、なんでもないような写真なのになんだか雰囲気が出てる。自分がその場で見た光景がちゃんと写っている。

T2でも撮った場所ですが、ちょい寄り気味で。

ところ変わって、自宅近くで。誰なんだよ。これもフレア?ゴースト?が出てる。ちょっと撮り方考えないと。逆光ではほぼこうなるのか?

さて、ここからは等々力渓谷での写真になります。

デジタルで何度か撮りに来た場所。仏像?がアンダーになってしまった。

仏像近くの、赤いワンポイント紅葉。この場所、あとでもう一度来たら人がめっちゃいてスマホとかカメラで撮りまくってました。しかしすごいギラギラぶり。だいぶプラス補正した覚えがあるけど、現像店のほうで調整してくれた結果こうなったのかな。


こういう、あまり他人が気に留めないような、ほんのり光が当たってるところを
見つける喜びに最近ようやく気付きました。
かといってうまく撮れてるわけでもないんだけど。

これは等々力渓谷の庭園にあった竹林のそばで。12月までセミの抜け殻が残ってたのが面白かったので撮ったけど、いかんせん焦点距離焦点距離だから…。

と、等々力渓谷での写真はまだほかにもあるのだけど、未現像なので一旦ここまで。

現像は今回、ここもみんな大好き、インスタの #ヤマプリ タグでおなじみの山本写真機店さんにお願いしました。フィルムをクリックポストで送ってからだいたい6日ぐらいでデータが先に届きましたね。

yamamotocamera.jp

現像店についてはもう1つ気になっているところがあるので、RXで撮り終えたColorPlusはそっちに送ろうかなと思っています。

それにしても、ここ最近写真を撮る意欲が全然なかったのに、フィルムのおかげでくすぶっていた気持ちに火が付いてきました。面白いのは「やっぱフィルム最高!デジタルはもういいや」ではなくて(最初はそうなるかと思ってたけど)、むしろフィルムを始めたことでデジタルの良さも再確認しつつあることなんですよね。どっちがいいとか悪いではなくて、両方とも楽しんでいこうと思います。マーティン・スコセッシが「フィルムでもデジタルでも、そのとき作ろうとしている映画に適したほうを選べばいいんだ」(意訳)と言っていたように。

最後に、自分がフィルムを始めるきっかけになったブログをいくつか載せておきます。沼に向かって背中を押してくれて感謝しています。もう帰ってこれない気がしますが、後悔してません。

reco-photo.com

reco-photo.com

reco-photo.com

littlethings.jp

mypace.hatenablog.com