辺景・近景

適当に写真を上げていくブログ…のはずだったんだけど単なる愚痴日記になりました。

今日マチ子さんの原画展に

行ってきました。

今日マチ子さんは女優の京マチ子さんとは全然関係ない、漫画家の方です。

以前ある大手レコード屋の書籍コーナーで働いていたときに今日さんの『センネン画報』という作品集を扱ったことが、彼女に興味を持ったきっかけでした。

『センネン画報』に収められているのは、主に高校生の少女と少年の、何気ない一コマを切り取ったものです。セリフはなくキャラクターの名前もわからないし、少女と少年、あるいは少女とまた別の少女の関係性も明らかにされません。つきあっているのか、つきあう寸前なのか、ただの友達なのか。

DSCF1977.jpg

物語性のようなものはあまりなく、余白が多いので、想像しつつ、想像しすぎない程度に読んでいると、いつの間にか自分が高校生に戻ったような気がしてきます。そして、ただ叙情的なだけではなく、ちょっとした毒のようなものを感じることもあります。

DSCF1978.jpg

DSCF1980.jpg

DSCF1981.jpg

今回の原画展は、増補改訂版『センネン画報 +10 years』の発売を記念したもの。というかもう今日さんのイラストを最初に目にしてから10年が経つんだ、という不思議な気持ち。

実は僕が最初に買った今日さんの作品は『センネン画報』ではなく『みかこさん』という作品。

こちらはセリフもありますしモノローグのようなものもあります。途中で登場人物たちの恋模様もわりと明確に描写されます。ちなみに『みかこさん』は自分の住んでいる場所の近く、多摩川駅あたりが舞台になっていることもあり、余計に感情移入してしまいました。全巻買って、最終巻の発売時のサイン会にも行ったほどです(ちなみに、サインの横に添えるイラストはみかこさんの友達のナオちゃんをリクエストしました)。

今日さんはこのほかにも戦争をテーマにした『COCOON』などいろいろな作品を発表されているのですが、頭の中身が高校生のときから進歩していない自分にとってやはり一番思い入れが強いのは『みかこさん』、そして今回ようやく手にした『センネン画報(+10 years)』と言えるでしょう。一番好きなのは、原画展でも飾られていた「貧血」です。

DSCF1982.jpg

こちらでは「大人になれない、あなたへ。」というまさに自分にどんぴしゃな見出しのインタビューが掲載されています。

自分の中の少女や少年を持て余している方など、お手にとってみてはいかがでしょうか。

センネン画報 +10 years

センネン画報 +10 years