辺景・近景

適当に写真を上げていくブログ…のはずだったんだけど単なる愚痴日記になりました。

映画コンという地獄

自分はわりと映画が好きで、頻度的にはだいたい週に2本ぐらいは劇場で映画を観ています。映画館離れが進んでいると言われる昨今、まあ「映画好き」を自称してもいい頻度と言えるのではないでしょうか。

さて、そんな自分ですが、街コンの一種「映画コン」というものをご存知でしょうか。協賛団体にもよるのですが、基本的には映画好きの男女が集まり、映画に関するクイズなどにグループで力を合わせて答えながら親睦を図るイベントです。

自分はこの映画コンに計3回ぐらい行ったのですが、結局いい人と巡り会うことはできませんでした。まあそれは自分の魅力不足が悪いと思うので仕方がないのですが、参加するたびに強く感じることがあります。それは君ら本当に映画好きなん?ということ。

「映画コン」という冠が付くぐらいのイベントに来るぐらいだから、当然自分と同じくらいの頻度で映画館に通っていて、例えばアカデミー賞とかカンヌ国際映画祭のこととか、監督や俳優のこともある程度知ってると思ってたんですよ。

一応言っておくと、僕だってシネフィルというほど映画は観てないしそんなに詳しくは知らないんです。でもさ、例えば今だったら「『レディ・プレイヤー1』が面白かったです」って言ったときに「は?何それ?食えんの?」みたいな表情を浮かべる人って、本当に映画好きなの?と思わされるんですよ。

別にね、『レディ・プレイヤー1』を好きであっても嫌いであってもいいんですよ。それはどっちでもいい。でも「あー、あれね」って認識はできるはずなんですよ。映画に明るくない人のためにわかりやすく例えると、例えば岩田剛典って人がいますよね? 好きか嫌いかは置いておいて。みんな知ってるじゃないですか、だいたい。それで例えるとね、今「映画好き」を自称する人の中で『レディ・プレイヤー1』っていうのは、岩ちゃんぐらい「知ってて当たり前」な存在のはずなんです。好きか嫌いかは置いておいて。「岩田剛典かっこいいよね」って言って「え?何それ食えんの?」みたいな表情を浮かべられたらびっくりしませんか。

もちろんね、映画コンとはいえそういう人しかいないってことはないと思いますよ。自分も「まあそんな人もいるよな」ぐらいに思ってたんです。最初は。そしたら移動するたびに会う女性(男性も含む)みんながマジで「え?何それ食えんの?」みたいな顔をするんですよ。

いやこれが映画コンじゃなくて普通の街コンだったら僕だってなんとも思いません。つか最初から映画の話なんかあまりしない。でもさあ、これは映画コンなんだよな? 映画好きなんだよな? と小一時間問い詰めたくなる(古い)ぐらい、映画が好きな人なんて来ないんですよ。

別に映画コンで「ある映画の感想について意見を闘わせる」みたいなめんどくさいことをするつもりはないんです。ただ映画コンの参加者の大多数って、野球でいうなら「イチローダルビッシュしか知らない」ぐらいの人なんですよ。大谷でさえ「だれ?」みたいな。いやいいんですよ? 知らないこと自体は罪ではない。困惑するのは「『レディ・プレイヤー1』というのはこういう映画なんです」と説明したときに「マニアックですねえ」みたいな反応が返って来ることなんですよ。監督スピルバーグだぜ? 映画好きなの? 本当に。なんで来たの?映画コンに。

もちろん中にはちゃんと知ってる人もいます。でもどのぐらい映画を観てるかって話になったとき「1ヶ月に一度は映画館行きますね」(ドヤァ)みたいな人が「すごい」って崇められてるんですよ。正気かよ

別に映画たくさん見てる人が偉いとは思わないけど、1ヶ月に一本映画館行くレベルで「すごい」って、それは特に映画に興味ない人の話でしょ? 年間100本ぐらい観てる僕は狂人ですか? でもこれ映画コンだよね? 一般の感覚なら狂ってるかもしれないけど、映画好きなんですよね? 

というわけで、今後映画コンなるものに行きたいと思ってる人にはあらかじめ警告しておきたいんですけど、映画コンってそんなに映画好きな人いないです。CGアニメは全部ディズニーが作ってると思ってる人とか普通にいます。あと、俳優の名前(特に外国人俳優)を知ってる人も全然いません。監督のことなんて全然知りません。だからあなたが「カウリスマキの新作は良かった」とか言おうものなら「え?何語?」みたいな反応をされることも覚悟しておいたほうがいいです。

映画に全人類が詳しくなる必要はまったくないのだけど、とりあえず普通の大規模街コンとかに行ってくれよ…と自分などは思うのですよ。