辺景・近景

適当に写真を上げていくブログ…のはずだったんだけど単なる愚痴日記になりました。

from Nakameguro to Jingu Stadium

月に一度の美容院。いつも行くお店は中目黒にあります。というか髪を切ってもらうとき以外中目黒ってほとんど行かない。 以前入ったことのある本屋を目黒川の対岸から。ここは写真集もけっこう置いてたと思います。 なかなか気の利いた落書き。どんな人がど…

Moon Song

サーカスナイト

夜のストレンジャー

愛なき世界

撮りたいものなんて

特にない。

父の日がめんどくさい理由(自分の別ブログから転載)

このブログともうひとつ、もっと前からやってるブログに書いた文章なんだけど、こちらに書くか迷ったので、結果めんどくさくなったため両方に載せることにしました。 今日は父の日だったんだけど、少し前から“あ〜、父の日だけどめんどくせえな”と考えていて…

東京公園

代々木公園の昼下がり。56mmが一番おもしろいレンズな気がしている。

当たり前のように幸せそうに

久々に代々木公園。みんな当たり前のように幸せそうに生きていた。

今日マチ子さんの原画展に

行ってきました。 今日マチ子さんは女優の京マチ子さんとは全然関係ない、漫画家の方です。 以前ある大手レコード屋の書籍コーナーで働いていたときに今日さんの『センネン画報』という作品集を扱ったことが、彼女に興味を持ったきっかけでした。 『センネン…

トイレに設置された無駄にでかい鏡、いい歳こいたおっさんの下ネタ話

仕事で六本木を訪れた際ガストに立ち寄った。トイレに行くとでかい鏡がある。スタバとかファミレスにはこういうでかい鏡があるが、なんのためにあそこまで鏡がでかいのかさっぱりわからない。 下品な話になるのだが、男性がパンツを下ろしたときに自分の性器…

絶滅すべきでしょうか

もう写真を全然上げてないんですけど、写欲沸かないんですよね正直。カメラ持って外出て「あっなんかよさげ」と思って撮っても「しょーもな…」と思ってすぐ消去。いや、これまでこのブログとかに上げてきた写真も全部しょーもないものだったのかもしれないけ…

映画コンという地獄

自分はわりと映画が好きで、頻度的にはだいたい週に2本ぐらいは劇場で映画を観ています。映画館離れが進んでいると言われる昨今、まあ「映画好き」を自称してもいい頻度と言えるのではないでしょうか。 さて、そんな自分ですが、街コンの一種「映画コン」と…

君の名は。

FUJIFILM X-T2 XF35mm F1.4 R 無事(?)縁談をまぬがれ、まあでも祖父の気持ちもちょっとわかる今日この頃。 明日でGWも終わりです。 で、この植物の名前はなんというんでしょうか。家の持ち主である祖父も知らなかった。亡くなった祖母なら知っていただろ…

縁談2018

新年一発目の記事で「今年は結婚する」などとぶちあげたものの、「ぶっちゃけ無理じゃね」と我にかえりつつある今日この頃です。 というか、本当はそんなに結婚したくないんだなということに気づいて、何を熱に浮かされたかのように「結婚するぞ結婚するぞ結…

多田神社

多田神社 公式サイト 多田神社は、自分の実家から歩いて15分ぐらいの位置にある。 中学2年生だか3年生のとき、年越しをここで迎えてヤンキーに絡まれそうなりつつも初日の出を迎え、「寒いからもう帰ろうぜ」と言ってた同級生も最終的には感動してたっていう…

2018年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 何やら2018年の蠍座はとてもツイてるらしいので、今年は気楽にがんばって、つまらないことに怒ったりせず、素直になるべきときは素直になっていこうと思います。 今年の抱負は「結婚」にしました。これまで結婚したいと思…

中目黒のイルミネーション

いつも行っている美容院が中目黒なんだけど、美容師さんに「混んでなかったですか?」と言われて「あ、イルミネーションか」と思いだした。 せっかくだからちょっと見て写真撮っていくかと思いカメラを取り出したはいいんだけど、ぜんぜんうまく撮れなかった…

水元公園に行ってきたのだけど

水元公園に行ってきました。 セコイアの森目当てで、まあ確かに色づいてはいたのだけど、天気が曇りだったせいか物哀しい雰囲気のほうが勝っているというか…。アクセスがあまりよくないせいと、平日ということもあって、人はあんまりいない。人が多すぎる場…

通り過ぎていなかった秋

前回「通り過ぎた秋」と書いたけど、そう思い込んでただけでぜんぜん通り過ぎてはいなかった。 どこに行こうか迷ったけど時間もあまりなく、六義園や水元公園などはまだ色づき始めたところらしいので定番の新宿御苑へ。人多すぎで閉口した。 撮っていて、桜…

通り過ぎた秋

気が付いたら紅葉のシーズンも終わりに差し掛かっていた。

雨の等々力渓谷でさまよう

雨の日はいい写真が撮れるとかいうけど、人にもよります。 等々力渓谷に行ったのは久々。相変わらず何を撮っていいのかよくわからず、現像も方向性が見えてこず。

原点に戻る

街コンの記事にすごい量の批判コメントが殺到して、削除することにしました…というのは嘘で、なんか読み返しててアホらしくなってきたので、今後はやっぱりほそぼそとどうということのない写真をここに貼っていこうと思います。

クラシック・クロームの良さ

X100T, f/2.8, 1/125, ISO 200 やっぱりX100Tはいいなと思ったしクラシック・クロームの良さを改めて認識した。でもカメラの液晶で見たときほど良くないのはなんでだろうという。

左利きへのあこがれ

X-T2, FUJINON XF56mm F1.2 R, f/1.2, 1/125, ISO 6400 これは右利きの方がレフティ(左利きモデルのギター)を使用しているわけだが、ジミヘンとかカート・コバーンとか、左ききはかっこいいよなと思わずにはいられない。 あと左利きの女の子もいい。なぜな…

そう悪い日でもなかった

ここ最近本当に参っていて、今日(厳密には昨日)もひどい気分で帰ってきた。 でもよく考えたら、今日は中学の頃からの同級生から電話がかかってきたのだった。 いつもと同じように「どうしてる?」という他愛もない会話。働いてる業界がほぼ同じだから仕事…

荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-

「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-」東京都写真美術館 少し前から、行こうと決めていたイベント。アラーキーの写真展はだいぶ前に江戸東京博物館で観て以来だ。 今回の展示は、1990年に亡くなったアラーキーの妻・陽子にフォーカスを当てたもの。夫…

恋人の条件

X-T2, FUJINON XF35mm F1.4 R, f/1.4, 1/850, ISO 200 恋人ができるなら、写真を撮らせてくれる人がいい。「いいよ撮ってー」とかるーく応えてくれる人。できればその人も写真を撮る人なら、なおさらいい。それから、美味しそうに料理を食べる人がいい。 と…

料理写真はうまく撮れない、花火大会中止で安堵、ジャズはモノクロ

X100T, f/5.6, 1/30, ISO 6400 X100T, f/2.8, 1/125, ISO 5000 X-T2, FUJINON XF35mm F1.4 R, f/2.0, 1/125, ISO 1000 渋谷のアップリンクで『キングス・オブ・サマー』を観た。今年公開された『キングコング:髑髏島の巨神』の監督が数年前に撮った映画であ…

めんどくさくない人なんているの?

「めんどくさい人」というフレーズをよく聞くけど、30年とか40年生きて「めんどくさくない」人なんているのかなと思う。めんどくさくても、いいじゃない。